2012/05/05

キーエンス選考

30歳で家が建つ 40歳で墓が建つ

などと噂されるほどの激務かつ超高待遇企業。30歳で1000万は確実に貰える。
主力はセンサ事業で、FA(Factory Automation)用機器の販売に強みがある。
研究で学んだ画像処理技術が生かせるのではと考えたのと、選考が特殊で論理的思考力を見極める企業ということで興味を持ったので志望。【開発職】でエントリーした。

スケジュール

12/01/24 17:00-19:30会社説明会@新宿(参加必須)
12/01/25 テストセンター受験案内通知(02/07〆切)
12/02/01 テストセンター結果通知
12/02/10 11:00-12:30 1次面接@キーエンス東京研究所(台場)
12/02/13 1次面接結果通知
12/02/23 13:30-16:00 2次面接(履歴書持参)@キーエンス東京研究所(台場)
12/02/27 2次面接結果通知(電話)
12/02/28 会社見学会、最終面接セッティング(電話)
12/03/06 13:30-17:00 会社見学会@キーエンス大阪本社
12/03/23 10:00-11:15 最終面接@キーエンス東京研究所(台場)
12/03/29 お祈り(マイページ)

12/02/10 11:00-12:30 1次面接@キーエンス東京研究所(台場)

11:00-11:10 ES記入
11:15-11:45 課題文読み込み
11:50-12:30 面接

受付に行くと、ゼミ室よりちょっと広い部屋に通されて、ESっぽいものを渡される。
ESにはあらかじめweb上で入力した個人情報とか記入されていて、空欄を手書きで埋める。アピールポイント欄は
・研究アピールポイント
・プログラミングアピールポイント
・アルゴリズムアピールポイント
の3つ。ただし空欄でもよい。
あと
「あなたの持っている知識・能力・経験などで入社後活かせるものを、短文ではなく単語で3つ以内書いてください。その他、特技や資格などあれば、下に書いてください」っていう欄もある。
これを記入しなくてはいけないので、早く会場に行った方がいい。11:10にESは受付の人が回収しにくる。次に課題文(B4サイズ)が書かれた紙と、解答用紙が配られる。課題文は3人とも同じ文章。制限時間は30分。

課題文の内容については2chのキーエンススレ等を参照してほしい。

12/02/23 13:30-16:00 2次面接(履歴書持参)@キーエンス東京研究所

スケジュール

13:30-14:30 ES、性格検査記入
14:30-15:15 別室へ移動して面接
15:15-16:30 性格検査記入続き

2次面接から交通費支給。金額は自己申告した額の500円単位の切り上げ額で貰える。
例:980円→1000円もらえる

ES

到着すると、FACE SHEET 2というESを書かされる。このESは
・学歴 ・資格とかTOEICとか ・志望動機 ・研究内容
・研究が達成したらどんな成果が得られるのか ・あとなんかの欄
があって、前回よりはじっくり30分程度使って書ける。

面接

面接官2人との個人面接。2人の面接官の間にはビデオカメラがあって、面接の受け答えをすべて収録される。ちょっとうろ覚えだけど、以下にまとめます。実際,もっと質問はあったと思う.

「志望動機は?」
「大学の研究と、開発の仕事の違いを3つ答えてください」
「どのような会社を志望していますか?」
『少人数で製品開発の幅広いフェーズに関われる環境』がある会社
「『少人数で製品開発の幅広いフェーズに関われる環境』が、そのような会社にあることをどうやって確かめていますか?」
「研究の概要を説明してください」
「研究の成果がまだ十分出てないとのことだが、研究の成果が出るために必要なことは?」
「音楽が趣味なのに、音楽を仕事にしない理由は?」
昔、あるアパレルの社長へのインタビューで、その社長が
『私は音楽が一番好きだが、一番好きなものを仕事にすると、仕事がきつくなった時に逃げ場がなくなると思った。だから私は二番目に好きな服を仕事にした』と話しており、その考えに私も共感したのが大きな理由です。

性格検査

キャリパーと呼ばれる、マークシート記入式の性格検査がある。この記入がめんどくさくて1時間半くらいかかる。そのために選考時間が長く取ってある。設問のタイプは「自分に一番近いものと一番異なるものを選べ」式がほとんど。途中、数列問題や推理問題があるから注意。

キーエンス会社見学会 12/03/06 13:30-17:00@キーエンス本社

学生は12人。開発職志望で全員男。うち、関東が2人で東北が1人。あとは関西。交通費はまた自己申告。指定席往復の額書いたらあっさりくれた。太っ腹。

スケジュール

13:30 集合。人事部の説明。(説明会に出てた人)
14:00 3人1グループに別れて部署見学
(1)制御システム事業部
(2)センサ事業部
(3)マイクロスコープ事業部
(4)アプリセンサ事業部
16:00 食堂見学。人事部と質疑応答
16:40 実験フロア(3F)見学
17:00 解散

内容

かなり深い内容なのでここに書くことができない。
ただ、もしこの質問会まで進めればぜひ込み入った質問まで用意して質問するべき。

12/03/23 10:00-11:15 最終面接@キーエンス東京研究所(台場)

交通費は2次面接と同じく往復支給。金額は自己申告した額の500円単位の切り上げ額で貰える。
例:980円→1000円もらえる
ちなみに、この時期でも1次面接やってたっぽい。まだ取るのか…orz

スケジュール

10:00-10:30 技術系学生アンケートに記入(A3)
10:30-11:15 面接

技術系学生アンケート

A3用紙にアンケートを記入する。
・大学院生の場合、博士課程へ進む確率__%
・最終選考で合格の場合、次の1~4のうちどれにあてはまりますか?
1. キーエンスが第1志望なので、内定承諾し就職活動を終了する
2. キーエンスは第1志望群だが、内定受諾の期限を教えてほしい
3. キーエンスは第1志望群だが、(3,4,5,6)月(上旬,中旬,下旬)まで待ってほしい
4. キーエンス以外の企業が第1志望である

↑これ2.に〇をつけた俺は大馬鹿野郎である。

・キーエンス以外で志望している会社を3つ記入(それぞれ推薦か自由かも書く)
・会社を選ぶにあたって、親、兄弟、友人、先輩などはあなたの決断に影響していますか?
・友人や知人にキーエンスの社員はいらっしゃいますか?
・次のコーポレートポリシーのうち、共感したものを2~3つ挙げて、その理由も書く
製品を通じて、世の中のありようを変えたい
最小の資本と人で最大の付加価値をあげる
市場原理・経済原則が判断基準
目的意識を伴った行動が成果を挙げる
顧客の欲しいというモノは創らない
環境の変化を先取りし、自らも進化する
オープンな社風
夢中になって楽しむ
Key of Science
・選考に関する疑問、不安点があれば書いてください

面接

面接官1:学生2。明らかに年齢が高い40~50代の役員。いくら稼いでるんだろう…
入室してすぐに「笑うと表情いいねぇ~」との言葉に「最終選考で泣いても笑っても最後なので、笑顔で臨みます」という感じで返す。が、面接の45分間は汗ダラダラで超緊張した。普段対面する年齢層ではないから、なにかとやりづらい。雰囲気的には和やかだったと思う。

【面接の内容】
履歴書を見ながら「浪人、留年はないんだね~」
「会社見学会ではどんな感想を持った?」
「3社、志望している企業に書いてあるけど、うちはどの位置になるの?」
「研究内容を説明して」
「その学習データはその人数じゃ少ないんじゃないの?」
「プログラムを書くのとアルゴリズムを考えるのはどちらが楽しい?」
「では志望している3社はアルゴリズムを考える開発ができるということだね?」(確実に詰める質問)
「この3社に入社した場合、具体的にどんなアルゴリズムを開発するの?」(確実に詰める質問)
「父親の影響が強いみたいだねw」

最後に逆質問の時間で、開発職が海外で働く可能性について聞いて、終わり。
面接官が「では、合否に関わらず結果は4月2日までにご連絡いたします」と言ってきたので、あらかじめネットで「内定の場合はその場で握手」と聞いていた俺は内心「おわったあああ」と思ってた。するとそれを察したかのように面接官が「最近、内定の場合はその場で言われるというようなことをネットなどで言われているようですが、今年は一切その場では言っていないので安心してください」と笑顔で言われる。これも駆け引きか~~~会社見学会でほかの学生と連絡先交換するべきだった…
(選考者同士のつながりは、会社が仕掛ける駆け引きや嘘を無効にするというメリットがある)

とりあえず、長かったキーエンスの選考もこれで終わり。

3 件のコメント:

  1. A3用紙にアンケートを記入する。
    ・大学院生の場合、博士課程へ進む確率__%
    ・最終選考で合格の場合、次の1~4のうちどれにあてはまりますか?
    1. キーエンスが第1志望なので、内定承諾し就職活動を終了する
    2. キーエンスは第1志望群だが、内定受諾の期限を教えてほしい
    3. キーエンスは第1志望群だが、(3,4,5,6)月(上旬,中旬,下旬)まで待ってほしい
    4. キーエンス以外の企業が第1志望である

    ↑これ2.に〇をつけた俺は大馬鹿野郎である。




    って書いてありますが,1を選んだ場合,内定が取れたら必ず行かなければならないでしょうか?アンケートであるのでそこまで素直に書く必要がないと考えていいでしょうか?今年キーエンスの開発職を受けるものです。よかったら経験を教えていただきたいです。

    返信削除
  2. >Wangさん
    こんにちは。ろくろです。

    >1を選んだ場合,内定が取れたら必ず行かなければならないでしょうか?
    私が言えるのは「最終選考に落ちた。その時のアンケートで2を選んだ」という事実だけです。

    それと。
    キーエンスは、新卒選考において、論理を非常に重視する企業です。
    Wangさんのコメントには、いくつか論理的に怪しい箇所があります。選考では、細かな言葉尻も含めて、受け答えが論理的かどうか注意しながら進めてください。健闘を祈ります。

    返信削除
  3. >A3用紙にアンケートを記入する。
    >・大学院生の場合、博士課程へ進む確率__%
    >・最終選考で合格の場合、次の1~4のうちどれにあてはまりますか?
    >1. キーエンスが第1志望なので、内定承諾し就職活動を終了する
    >2. キーエンスは第1志望群だが、内定受諾の期限を教えてほしい
    >3. キーエンスは第1志望群だが、(3,4,5,6)月(上旬,中旬,下旬)まで待ってほしい
    >4. キーエンス以外の企業が第1志望である
    >
    >↑これ2.に〇をつけた俺は大馬鹿野郎である。

    じゃあどうすべきだったと思ってるの?
    ここは正直に答えるほかないと思うんだけど。

    内定候補者の中で少しでも優位に立とうっていう戦略なんだろうけど、
    それでもし内定もらえて返事渋ってたらバレるよね確実に。企業としてはかなり
    心証が悪いだろうし、最悪内定取り消しもありえるでしょ。どうやって説明するの?

    アンケートの回答にかなりの効力があるなら上の問題があるし、例年そこでウソをつく
    学生が多いって企業側がわかってるならほんの参考程度にしか見ないでしょ。じゃあ
    いずれにしても正直に答えて何の問題もないよね?

    返信削除